リプライのコツ、会話の距離感についての秘密

ツイッターコミュニケーション

みなさんこんにちは

Twitterをマイペースに楽しむ人

おかよです @okayo31

このブログでは

私が過去につぶやいたツイートの解説をしたり

Twitterの楽しみ方について

ご紹介していきたいと思います

フォロワーさんからの質問です

「Twitterで話しているとどこまで突っ込んでいいの

かわかりません」

「いつまで会話を続けていいのかわかりません」

という質問がありました

今回はこの2つのお悩みを一気に解決できる

秘密をお教えします!

 

その前に

自分のスタイルを確立されてる方

例えば自分は敬語は使わないキャラを徹底する

とか

逆にフレンドリーに話すと調子が狂うので

敬語でしか話せないという方もいらっしゃると思います

そういう方は無理に相手に合わせず

自分の気楽に話せるスタイルでいいと思います

変に気を使って頑張っても

思うようにお話ができなければ本末転倒です

では本題です

 

ポイントは事前に相手を知ることです

もし、ビジネスシーンで

相手に失礼にならないように気を付けるとしたら

あなたならどうしますか?

少しだけ考えてみてください

 

 

思い付きましたか?

相手の普段の会話や口調、雰囲気を

無意識のうちにリサーチしてると思います

それをTwitterでも行えばいいのです

そもそも顔が見えないTwitterでは

男性なのか女性なのかも名前だけで決めつけるのは

危険な場合がありますね

 

私は初めてリプライをする方には必ず

お相手のタイムラインとプロフィールを

見に行ってある程度の情報を得てから

リプライをします

 

敬語を使う人なのか、フレンドリーな人なのか

ブロガーなのか、会社員なのか、フリーなのか

相手のタイムラインを見に行けば

色々な情報があります

それをもとにだいたいどんな雰囲気の方なのか

把握します

 

そしてとっておきの秘密

相手の方のタイムラインに行った時

「ツイートと返信」の欄を見ること

私のTwitterのタイムライン画像ですが

赤丸がついているところです

この欄を見ると、相手の方と他の方の会話を

見ることができます

極端な話ですが

答えは全てここに書いてある訳です

敬語を使う方なのか、フレンドリーなのか

お忙しいからなのか

あまり長い会話を好まれない方なのか

それともノリ良くお話を続けてくださる方なのか

ある程度の情報は得られます

ちょっと覗き見してるかな?とは思いますが

そこはちゃんとしたTwitterの機能です

活用しても良いと思います

相手の事がある程度わかると

全く知らない時に比べて

リプライする時のドキドキ感が少し減ります

皆さんはどうでしょうか?

全く初めてでリプライする時

これだけの資料が揃えば少しはドキドキが

減りませんか?

あとはあなたの腕次第です!

ツイ友さんとの会話を

思いっきり楽しんでください♪

ちなみにこのテクニックは

リアルの場でも応用できますので

参考になさってみてください

 

他にも「リプライのキャッチボールのコツ」

についてなどの質問もありましたが

それはまた別の機会に

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

おかよ @okayo31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント