あなたは敬語派?フレンドリー派?SNSでの会話について

Twitterリプライの敬語問題について

みなさんこんにちは

Twitterをマイペースに楽しむ人

おかよです @okayo31

Twitterをやっていて

「敬語で話すと距離があるので

どうしたらいいの?」

という質問をよく受けます

皆さん悩まれてる事だと思いますので

私の考えをまとめましたので参考にしてみてくださいね

はじめに

SNSをやっていると顔も知らない

本当の名前も知らない

はじめましての方とお話しする機会が

多々あります

例え何回か会話を重ねたとしても

敬語がいいのかな?

突然フレンドリーになったら

変な風に思われないかな?

と考えてしまうこともしばしば

そんな時の私の考えをお伝えします

 

大前提として

世の中にはコミュニケーションが

苦手な方がいらっしゃいます

何を話していいのかわからない

とか話すテンションがわからないとか

そんな方はたぶん

敬語とかフレンドリーにとかを操るのは

とても苦手な事

自分のスタイルで話さないと

話したいことも話せない

という方がいらっしゃる

という事を知っていただければと

思います

 

そんな方は自分のスタイルを守って

いいと思います

敬語かフレンドリーかを気にして

話したいお話ができなくなって

しまうという事は 本末転倒

大変残念だし、そもそも楽しくないと

Twitterは続きません

 

相手のスタイルを尊重する事も

SNSコミュニケーションでは

大事なことだと思います

特にTwitterでは「キャラ」を

作っている方もいらっしゃいます

お話する方も

お相手の「キャラ」を一緒に楽しむ位の

余裕、スタンスで良いのではないか?と私は思います

これは私個人の考えであり

皆さんそれぞれ個性があり

やり方もありますので

一つの意見として

ご覧になっていただければ

幸いです

もっとフレンドリーに話したい!

何回か会話を重ね

この人ともっと仲良くなりた!と思った時

会話もフレンドリーにしたいと思うのは

当然の感情だと思います

でも相手はどう思っているの?

という時に使える

相手の気持ちを確かめる

簡単な方法があります

それは

 

「○○と呼んで」とこちらから提案してみる

 

例えば私ならよく「おかよさん」

と呼ばれますが

「おかよちゃん」でいいよ

とか

「おかよん」でいいよ

とか、ひとこと言ってみます

そして相手の反応を伺ってみます

そうしたら相手もフレンドリーに

呼ぶきっかけになるし

もし、それで「おかよちゃん」と

呼ばれなかったとしても

その方を尊重して敬語で会話を進めます

 

SNSには様々な環境、様々な年代

様々な性格の方がいらっしゃいます

まさに社会の縮図ですね

スマホやPCの前には確実に

「人」がいるという事を意識して

会話しています

顔の表情やしぐさが見えない分

相手の気持ちはわかりずらいです

こちらがいくらフレンドリーにしたいと

思っていても相手の気持ちは

わかりません

失礼のないように心がけています

敬語の中のフレンドリー

基本的に敬語で話すけど

でもそれでは距離を感じてしまって

さみしい

ちょっとだけフレンドリーにしたい

という相手がいる時に

使ってみる私の技があります

それは

敬語の会話の中に一つだけ

くだけた表現を入れること

例えばですが

会話は敬語だけど

ありがとうございますだけを

→「ありがとう」に変えてみる

とか

嬉しいですを

→「嬉しい♪」に変えてみるとか

あ、ここ変えやすい!と思うワードで

砕けた表現に変えてみると

相手にも自分の気持ちが伝わって

いいと思います

「ありがとう」「嬉しい」「楽しい」

は比較的言いやすい砕けた表現だと思います

突然敬語じゃなくなっても大丈夫な相手なら

このような事は

全く気にしなくて良いと思いますが

もし、少しだけ距離を縮めたいな

段階を経て仲良くなりたいな

と思う相手がいらっしゃる場合には

使ってみてください

ポイントは段階を経ることです

会話は1人ではなく

相手がいるコミュニケーション

お相手のペースに合わせることも

ポイントです

 

ここまで色々とお話してきましたが

相手と距離を縮めるやり方は

他にも色々とあると思います

敬語だけにとらわれずに

会話を楽しみ、コミュニケーションを

楽しんででいただけたら

良いと思います

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

もしTwitterがつらくなった時

続けたいのに続ける気力がなくなった時には

私のタイムラインに遊びに来てくださいね

@okayo31

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です